fu3ak1's tech days

何事もシンプルに。主にAWS関連の記事を書いています

AWS Organizationsを活用したマルチアカウントのセキュリティサービス使用方法 ~8. Detective~

Organizationsシリーズ第八弾、Detective編です。

Organizationsの紹介(はじめに編)はコチラ

前回はコチラ

Amazon Detectiveとは

Amazon Detective(以下、Detective)は、VPC Flow Logs、CloudTrail、GuardDuty などの他のAWSサービスの情報をインプットに、潜在的なセキュリティ問題や不信なアクティビティを分析、調査できるサービスです。

GuardDutyは発生したセキュリティイベントを検知するため、発生したイベントベースでの調査を行うことになりますが、Detectiveでは過去のログやイベント情報をといった時系列の観点を含み、グラフ等で視覚化することが可能です。

個人的には、探偵のサービスアイコンが好きですw

f:id:fu3ak1:20210115230043p:plain

Organizationsは対応していない ※2021年1月現在

Detectiveは、Organizationsに対応していないようです。よって組織内の全アカウントの情報を自動的に集約することはできません。

今回はは手動で各アカウントを追加して集約する方法を試してみます。手順は以下のとおりです。

  1. 監査アカウントで有効化
  2. メンバーアカウントの招待
  3. サンプル調査

設定手順

やっていきます。

1. 監査アカウントで有効化

auditアカウントにログインし、Detectiveページに遷移します。

f:id:fu3ak1:20210115230443p:plain

有効化(Enable)

f:id:fu3ak1:20210115231004p:plain

できました。有効直後はまだ情報が表示されません。

f:id:fu3ak1:20210115231249p:plain

2. アカウントの招待

auditアカウントに情報を集約するため、system01アカウントとManagementアカウントを招待していきます。

Account management > Invite individual accountsの順で進みます。csvファイルで一括招待もできるようですが、今回は数も少なく流れを見たいので1つずつやっていきます。

f:id:fu3ak1:20210115231535p:plain

招待するアカウントIDとメールアドレスを入力して招待します。メールの文章も書けるようなので紳士的な文章を書いておきました。

f:id:fu3ak1:20210115232248p:plain

以下のようなメールが届きます。(日本語を入れたら英語と入り混じりました)

メールのリンクをクリックします。このとき、招待されたManagemenetアカウントにログインする必要があります。

f:id:fu3ak1:20210115232620p:plain

Acceptします。

f:id:fu3ak1:20210115232847p:plain

同じ流れで、system01アカウントも招待→承認の流れを実行しておきます。

2アカウントとも承認が終わると、以下のとおり3アカウントがEnabled状態になります。

f:id:fu3ak1:20210115233625p:plain

3. サンプル調査

有効後すぐでは情報が見れなかったため、1時間ほど待機して見てみました。

また、履歴情報を使用するベースラインの使用は2週間ほどかかるようです。履歴が無い(短い)のでまぁそうかという感じです。

f:id:fu3ak1:20210115234158p:plain

アカウントIDで検索して情報が見れるので、ManagemenetアカウントIDでフィルタして情報を見てみました。

APIの実行状況が表示されています。検証程度で使っているだけなので、あまり面白さが無いですが、一応見えています。

有効化して時間があまり経っていないのでまだ集約しきれていない情報もあるのだと思います。

f:id:fu3ak1:20210116001412p:plain

1点注意なのが、集約したauditアカウント以外のsystem01やManagementアカウントのDetective画面では、以下のように情報が見れませんでした。

f:id:fu3ak1:20210116002019p:plain

各アカウントの情報は集約したアカウントのみで見る必要があるようです。

検証はここまでとします。

さいごに

Organizationsには現時点で未対応ですが、そのうち対応しそうな画面のインターフェースですねw Organizationsに対応したら招待も不要で集約できるかもしれません。比較的新しいサービスなので、Organizations対応以外にも追加の機能がこれからも出てきそうです。

メール確認→承認のフローを考えると、CloudFormation StackSetsを使用したアカウント追加時の自動化も難しそうです。ここも自動有効化など今後に期待です。

次回はAWS Personal Health Dashboardの予定です。

次回はコチラ